So-net無料ブログ作成

ロナルド・スチュワートさんと会う(『震災絵日記』のことなど) [漫画関係]

昨日(6月2日)は、埼玉県へ。

ふじみ野駅下車。
13:00に、改札口で、大東文化大学社会学部教授で、漫画研究者のロナルド・スチュワートさんと、お会いした。

今年(2019年)の3月31日に、福島民報にて、2011年5月1日より、8年間連載された、福島県南相馬市在住の画家朝倉悠三氏による、「震災絵日記」が終了した。毎週日曜日、計410点の作品を描かれた。今年の5月には、ロナルド・スチュワートさんの協力もあり、福島民報社より、『震災絵日記 東日本大震災・原発事故の被災者を描き続けた風刺画』(朝倉悠三著)が出版された。

また、今年の3月には、オーストラリア メルボルン市のロイヤルメルボルン工科大学にて、ロナルド・スチュワートさんの提案によって、第25回オーストラリアン・ユーモア・スタディーズ・ネットワーク学会の関連イベントとして、『震災絵日記』の展覧会も開催された。

昨日(6月2日)は、弊社発行の1コマ漫画誌「EYEMASK」59号(12月発行予定)に、掲載を考えている『震災絵日記』について、ロナルド・スチュワートさんのご自宅へうかがい、掲載のお願いと、打合せをした。朝倉さんの活動や、資料を拝見した。朝倉さんの描かれた、ポストカードのセットをいただいた。

その後、書斎にて、ロナルド・スチュワートさんが持っている、国内外の貴重な漫画(主に、1コマ漫画)の単行本や雑誌、資料をロナルド・スチュワートさんの解説付きで、拝見した。また、ロナルド・スチュワートさんが描かれ、雑誌に連載されていた、1コマ漫画も見せていただいた。貴重なひとときでした。

奥さんに、作っていただいた、スムージーや、コーヒーをいただいた。
15:30頃まで、お邪魔していた。色々と、ありがとうございました。

福島民報社
https://www.minpo.jp/news/detail/2019051063095
大東文化大学社会学部
https://www.daito.ac.jp/education/sociology/news/details_27481.html
nice!(3)  コメント(0)