So-net無料ブログ作成

熱刀句乱舞(句会)へ行く [短詩関係]

今日(8月17日)は、横浜へ。

13:00から、「蛮の会」が開催している「熱刀句乱舞」(句会)へ参加した。
9名参加。テーマ「剥れる」2句、雑詠2句、席題「歌」1句、「折」1句、計6句の作品を提出。
欠席投句の選句をして、句会が始まった。

今回の高得点句から、参加者全員の作品を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
白壁にへのへのもへじ秋暑し 藤田裕哉 5点
夢を見るための椅子あり雲の峰 川野ちくさ 5点
日焼子の皮膚ほろほろと剥れをり 比留間加代 5点
爪紅や待人の来ぬパイプ椅子 佐藤久 5点
爪とぎの柱の傷や秋に入る 石渡えみ 4点
行き先を探しあぐねる赤とんぼ 鹿又英一 4点
アスファルト剥がす工事や晩夏光 大高芳子 3点
土用入り伸びる鰻屋の「う」 野谷真治 2点
野分雲全速力の網代笠 轟木加津美 1点
以下略

上記以外の私の参加作品を少し紹介。
路上の影となる炎天下
半分剥れた熱帯夜の瘡蓋
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。

その後、懇親会へ。ビールとハイポールをいただいて、戻って来た。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。