So-net無料ブログ作成

熱刀句乱舞(句会)へ行く [短詩関係]

今日(6月15日)は、横浜へ。

13:00から、「蛮の会」が開催している「熱刀句乱舞」(句会)へ参加した。
13名参加。テーマ「這う」2句、雑詠2句、席題「愛」1句、計5句の作品を提出。
欠席投句の選句をして、句会が始まった。

今回の高得点句から、参加者全員の作品を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
蜥蜴ゐて静止画像となる都会 鹿又英一 10点
梅雨晴やベンチにスプレー書きの愛 川野ちくさ 6点
大写しの女優画面に蠅の這ふ 尾澤慧璃 6点
交差点つぎの青待つ蝸牛 轟木加津美 4点
反射炉の風の入り口夏の蝶 長濱藤樹 4点
ひき逃げの現場あたりに居る毛虫 久保遡反 4点
茨線をつる草の這ふ沖縄忌 曽根新五郎 3点
古本屋おやじ愛用のそろばん 野谷真治 3点
地ビールや桜チップの煙這ふ 大高芳子 3点
五月雨や軒下に立つ愛煙家 藤田裕哉 3点
前歯抜け笑ふ子どもやソーダ水 石渡えみ 2点
梅雨深し愛されていた古手紙 佐藤久 2点
始まりは同期の入社生ビール 比留間加代 1点
以下略

上記以外の私の参加作品を紹介。
塩むすび作るしょぼくれた雨
青蛙毀れた柱時計の赤ちゃん
笑っている猫と這う梅雨の月
一枚の葉っぱ裏表のない蝸牛
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。

その後、懇親会へ。ビールと熱燗をいただいて、戻って来た。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。