So-net無料ブログ作成

第23回手塚治虫文化賞贈呈式と木下泰徳 人物デッサン展へ行く [イベント(展覧会、講演等)関係]

昨日(6月6日)は、最初、小田原へ。

鴨宮駅へ。
ギャラリーNEW新九郎(ダイナシティ4階)の木下泰徳 人物デッサン展へお邪魔した。
約10年間、43点の人物デッサンが展示、拝見した。
ギャラリーのオーナーで、知り合いの画家 木下さんと会い、挨拶した。
下記で、開催中です。
木下泰徳 人物デッサン展
2019.6.5(水)-6.10(月)10:00-18:00(最終日16:00まで)
ギャラリーNEW新九郎 TEL:0465-20-5664
神奈川県小田原市中里208ダイナシティウエスト4F

私用のあと、東京へ。
築地市場駅下車。浜離宮朝日音楽ホールへ。
第23回手塚治虫文化賞贈呈式・記念イベントへうかがった。
17:10頃に着いた。17:00より開場。18:00より、贈呈式・記念イベントが開催された。
第23回手塚治虫文化賞贈呈式へ。
主催者(朝日新聞社社長渡辺雅隆氏)、来賓祝辞(手塚真氏)の挨拶。選考経過報告(南信長氏)があった。
第23回手塚治虫文化賞の受賞作品は、下記のとおり。
【マンガ大賞】  「その女、ジルバ」 有間しのぶ氏
【新 生 賞】 「あれよ星屑」 山田参助氏
【短 編 賞】 「生理ちゃん」 小山健氏
【特 別 賞】 「ゴルゴ13」連載50周年 他 さいとう・たかを氏
受賞者の挨拶が、行なわれた。 生理ちゃん が登場していた。
贈呈式のあと、下記の記念イベントへ。
「その女、しのぶ と 一樹 と るみ子」有間しのぶ氏×桜庭一樹氏×手塚るみ子氏
「その女、ジルバ」を中心に、連載の始まった、桜庭氏の小説「火の鳥 大地編」も語られた。
会場では、ウノさん、小野さん、高橋さん、山根さん、稲垣さん、渡邉さんなどにお会いし、挨拶した。
第23回手塚治虫文化賞
https://www.asahi.com/corporate/award/tezuka/12430087
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。