So-net無料ブログ作成
短詩関係 ブログトップ
前の10件 | -

短詩人来空さんと会う [短詩関係]

一昨日(5月12日)は、東京へ。

八王子駅下車。
駅前からバスに乗り、老人ホームへうかがった。
短詩人の来空さんが老人ホームへ入られたことを知り、会いに行った。ご家族の了解を得て、紹介することにした。

来空さんと初めて会ったのは、35年以上前か。私が、高校生で、大学に入る頃ではなかったか。
私は、高校生の頃から、詩や俳句などを書き、今も出している、「蒼天」誌を創刊した頃である。
学生を中心にした短詩形雑誌「獏」へ参加した頃、来空さんと知り合い、初めて会ったのは、伊豆の旅館に一泊で、句会を行なった時だ。来空さんは、熱い口調で、短詩(俳句、川柳、短歌の総称として使っている)について、語ってくれた。それは、刺激的な夜で、私は、夢中で聴いていたことを覚えている。
それから、私が出版の仕事を始め、来空さんの本を出したり、来空さんの雑誌を手伝ったり、句会は、あちこち場所を変えながら、毎月続けた。展覧会の企画も手伝った。来空さんが作った、短詩人連盟にも参加、協力した。
やがて、来空さんは、河東碧梧桐全集全20巻の制作に乗り出し、10年以上かけ、完成させた。私は、少し、販売等のお手伝いをさせていただいた。完成時には、大磯で、記念の展覧会を企画し、開催した。
来空さんは、その後も作品を書き続け、私が続けている、1コマ漫画誌「EYEMASK」誌には、毎回、今も短詩作品を掲載している。

近年、体調を崩され、車椅子の生活になっていることは知っていた。今回、ご家族の決断もあり、老人ホームに入られた。お会いすると、車椅子に座っているが、今までと変わらぬ、熱い口調で話され、迎えてくれた。「ここで、また、句会をやろうか」と言っていた。来空さんと会うと、なぜか、途端に、元気になる。
今年、来空さんは、87歳である。
しばらく、話したあと、喫茶室へ行き、コーヒーと焼きおにぎりを、いっしょに食べた。
「また、来ますよ」と行って、その日は、分かれた。
帰りの電車の中で、来空さんと会うことで、知り合った、多くの人々のことを思い出していた。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

第13回世界俳句協会総会へ行く [短詩関係]

今日(4月29日)は、東京へ。

板橋区立グリーンホールへ行った。
第13回世界俳句協会総会と第7回世界俳句セミナーと懇親会へ参加した。

総会のあと、 7名の方々のセミナーを聴いた。普段、知ることのほとんどない俳句世界が広がっていた。
セミナーコメンテーター(敬称略 発表順)
長嶺千晶/仙田洋子/夏石番矢/鎌倉佐弓/鈴木比佐雄/古田嘉彦/石倉秀樹
その後、「世界俳句2018」について、語られた。

懇親会にも参加。ビールとワインをいただいて戻って来た。
俳句作品の朗読が行なわれた。

世界俳句協会
http://www.worldhaiku.net/index-jp/
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

熱刀句乱舞(句会)へ行く [短詩関係]

今日(4月21日)は、横浜へ。

13:00から、「蛮の会」が開催している「熱刀句乱舞」(句会)へ参加した。
13名参加。テーマ「沈む」2句、雑詠2句、席題「横」1句、計5句の作品を提出。 欠席投句の選句をして、句会が始まった。

今回の高得点句から、参加者全員の作品を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
補助輪の形に沈む春の草 尾澤慧璃 13点
横書きの墓うぐひすの鳴きにけり 鹿又英一 8点
横須賀のカレー屋の列夏近し 石渡えみ 5点
夢想家の堅き寝台木の芽風 遠藤稔 5点
押船の中に曳船涅槃西風 佐藤久 4点
春眠や潜水艦は浮上せず  金子嵩 3点
昼灯す路地の和菓子屋春の雨  川野ちくさ 3点
末黒野を行く沈黙の消防車 轟木加津美 3点
楽器屋で花粉症の声響くなり 磯かおる 2点
つばくらめモスラの国を離陸せり 景山田歌思 2点
片言の迷子のなみだ春休み 久保遡反 2点
日永白くなる横手投げキャッチボール 野谷真治 2点
諸子釣る祖父の形見の浮子沈む 寺澤始 1点
以下略

上記以外の私の参加作品を紹介。
ひのひとしずくひらがなひらく
逝って戻って三途の川の桜散る
太陽沈む体内の桜雨
薄氷の光沈みゆく指先
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。

その後、懇親会へ、ビールとハイボールをいただいて、戻って来た。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

K's句会へ行く/購入した本(雑誌) [短詩関係]

昨日(4月11日)は、午後、東京へ。

最初、神保町の新刊書店と古書店を回った。
購入した本(雑誌)
「さて、コーヒーの話だが・・・」小室等著(旺文社文庫)
「本の雑誌増刊 本屋大賞2018」(本の雑誌社)

次に、銀座のK'sギャラリーへ。
19:00過ぎより、K's句会へ参加した。
10名参加。全員の作品を紹介します。(敬称略) 兼題/桜/春大根/雑詠
桜散る夜に甚平鮫がいる 佐藤久 7点
死ぬ勇気なくて余生へ花あかり 市原虎児 5点
遺書の透明桜散る 野谷真治 5点
山村の婆春大根を引っこ抜く 横林一石 4点
田舎芝居楽の差し入れ春大根 藤田山頭女 4点
踏まれても笑うて起きるタンポポか 高津葆 3点
被災地の仮設七年山桜 杉浦正勝 2点
どうぞと書かれし札あり春大根 赤澤吾亦紅 2点
ここ掘れと犬が吠えるや潮干狩り 芦田麻衣子 2点
花の雲シャンシャンと散る上野山 岡部史郎 1点 
以下略(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
K'sギャラリー
http://ks-g.main.jp/

上記以外の私の参加作品を下記紹介します。
独白する裸足春の人魚
マネキンが持っている春大根
ご感想等、ありましたら、教えて下さい。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

熱刀句乱舞(句会)へ行く [短詩関係]

今日(3月17日)は、横浜へ。

13:00から、「蛮の会」が開催している「熱刀句乱舞」(句会)へ参加した。
14名参加。テーマ「止める」2句、雑詠2句、計4句の作品を提出。 欠席投句の選句をして、句会が始まった。

今回の高得点句から、参加者全員の作品を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
肩書の消えポストまでぶらり春 遠藤稔 9点
赤信号を突っ切ってゆく恋の猫 藤田裕哉 8点
風光る三浦三崎の渡し船 石渡えみ 5点
レコードの掠れる吐息春の宵 佐藤久 5点
人吐いて終着駅の春の月 鹿又英一 5点
仏壇の小さき社章朝桜  轟木加津美 4点
横浜の回転木馬春の昼 景山田歌思 4点
靴先を通せんぽするつくしんぼ  金子嵩 4点
赤信号の直立不動春嵐 尾澤慧璃 4点
春ピエロとなる雨の裏側  野谷真治 4点
休止したらもう動けません水車小屋 渡辺正剛 3点
予告なき異動の報せ冴返る 村上博幸 3点
ペン止める図書館の窓芽吹けり 川野ちくさ 2点
風光る幕山野辺のかか送り 北島篤 1点
以下略

上記以外の私の参加作品を紹介。
吸って吐く風の掛軸
春一番ときどき止まる芝居猫
車止める女(ひと)春先の雨上り
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。

その後、懇親会へ、ビールとハイボール、熱燗をいただいて、戻って来た。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

一行詩研究会へ行く/古書店にて購入した本 他 [短詩関係]

昨日(2月7日)は、最初、表現誌「蒼天」146号が納品され、届いた。明日、各所へ発送予定です。

午後、東京へ。
私用のあと、古書店にて購入した本
「抗日漫画戦史-中国漫画家たちの15年戦争」森哲郎編(日中クリエイト)

夕方から、一行詩研究会へ参加。
編集者、元新聞記者、カメラマン、古典舞踊家、フリーライターらが毎月集まり、作品をその場で作って、あれこれ言い合っている句会です。
私の作品を下記、少し紹介します。(兼題/詰まる/出版・本/入学試験/はてな)
裏路地詰まる雪灯りの子犬
納品の朝開くしばし本の匂い
そぼ降る雪入試会場へのあしあと
体丸めてはてなマークとなってみる
ご感想等、ありましたら、お聞かせ下さい。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

平成30年蛮新年俳句大会へ行く [短詩関係]

今日(1月27日)は、横浜へ。

蛮の会による、平成30年蛮新年俳句大会(横浜市幸ヶ谷集会所)へ参加した。
事前の募集による、新年俳句大会の表彰を最初に行なった。(敬称略)
第一位 大寒の空舐めてゐるきりんかな 鹿又英一 18点特選2
第二位 春待つや薄く紅ひく通院日 藤盛愉皐 13点特1
第三位 冬晴れや税務署員の古鞄 久保遡反 12点特1
以下略

その後、当日の句会へ。15名参加。欠席投句を選句し、4句の作品を提出。
当日の句会の高得点句を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
寒波くる待合室の指相撲 轟木加津美 10点
片減りの運動靴や日脚伸ぶ 川野ちくさ 9点
払っても払っても雪来ないバス 石渡えみ 7点
茶筒抜く音の手応へ寒に入る 遠藤稔 7点
鯛焼を食ふ時路地に隠れけり 寺澤始 5点
以下略

私の参加作品を少し紹介します。
大晦日セーラームーンおじさんと話し込む
寒木キジムナーよじのぼる子
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。

句会のあとの新年会に参加して、帰って来た。
ビール、ハイボール、紹興酒をいただいた。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

一行詩研究会へ行く/1コマ漫画誌「EYEMASK」55号完成発送 [短詩関係]

一昨日(1月16日)は、1コマ漫画誌「EYEMASK」55号が納品され、届きました。早速、昨日(1月17日)の午前中に、各所へ発送しました。
直販書店には、来週届ける予定です。
「EYEMASK」55号新刊紹介頁
http://www002.upp.so-net.ne.jp/sohtensya/eyemaskshinkansyokai.htm

昨日(1月17日)は、午後、東京へ。
夕方から、一行詩研究会へ参加。
編集者、元新聞記者、カメラマン、古典舞踊家、フリーライターらが毎月集まり、作品をその場で作って、あれこれ言い合っている句会です。
私の作品を下記、少し紹介します。(兼題/煮凝り/キジムナー)
あちこち崩れた煮凝りの顔と顔
ムキダシの子キムジナーとよじのぼる樹
ご感想等、ありましたら、お聞かせ下さい。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

夢野書店とアートトラスト句会へ行く [短詩関係]

昨日(12月20日)は、東京へ。

最初、神保町へ。
連絡をいただいた、夢野書店へ。
弊社の出版物を直販していただいている書店です。
追加分の本を届け、売上げの精算をした。

私用のあと、銀座7丁目のハーバーインへ。
夕方からは、アートトラスト句会(ハーバーインにて開催)へ参加。句会を行なった。(兼題・首1句/雑詠2句/計3句)
9名参加。参加した全員の作品を紹介します。 掲載順(敬称略)
上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介。
討入りや白菜ほどな吉良の首 宗近馬骨 4点
首伸ばして炬燵のある古本屋 野谷真治 4点
夜は凩星をつなげる首飾り 岡野晃子 3点
木の葉雨首筋からも音がする 山本紀生 3点
青北風を拳に巻いて打つボクサー 高坂明良 3点
よく眠る犬の子冬の星座めく 倉田有希 3点
極月のことばを探す未送信 島隆史 2点
見返れば過不足なしの幸不幸 指田和子 2点
粗大ゴミ担がれてゆく年用意 市原虎児 1点
以下略

上記以外の私の参加作品を紹介します。
締切り迫るひとしきり冬銀河
身を分ける塩鮭の闇
ご感想等、ありましたら、教えて下さい。

その後、忘年会に参加。
ビールとジンビームをいただいて帰って来た。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

熱刀句乱舞(句会)へ行く [短詩関係]

今日(11月18日)は、横浜へ。

13:00から、「蛮の会」が開催している「熱刀句乱舞」(句会)へ参加した。
12名参加。テーマは、「支える」、そのテーマが2句、雑詠2句、席題「座」1句、計5句の作品を提出。 欠席投句の選句をして、句会が始まった。

今回の高得点句から、参加者全員の作品を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
どんぶりが炬燵の上で冷えている 鹿又英一 8点
おでん屋の屋台支える雁擬 金子嵩 5点
整備士の顔の油や冬の鳥 藤田裕哉 4点
送別の傘に貼りつく落葉かな 川野ちくさ 4点
突っ張り棒の弛んで来たり文化の日  石渡えみ 4点
蠍座の女に金を借り師走 遠藤稔 4点
振袖の仮縫い終う夜半の冬 轟木加津美 3点
凍空や動輪の息弾みたる 景山田歌思 3点
冬の朝座っている湖 野谷真治 3点
冬めきて吹きっ曝しの屋台骨 尾澤慧璃 2点
ひとすじのコーヒーの湯気冬に入る 佐藤久 2点
座について一言が出ぬ蟇 渡辺正剛1点
以下略

私の参加作品を少し紹介。
焚火のあと置かれていた義足
時の言葉がはじける冬銀河
缶開ける立冬があった
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。

その後、懇親会へ、ビールとハイボール、熱燗をいただいて、戻って来た。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 短詩関係 ブログトップ
メッセージを送る