So-net無料ブログ作成
検索選択
短詩関係 ブログトップ
前の10件 | -

熱刀句乱舞(句会)へ行く [短詩関係]

今日(3月18日)は、午後、横浜へ。

13:00から、「蛮の会」が開催している「熱刀句乱舞」(句会)へ参加した。
14名参加。テーマは、「絶える」、そのテーマが2句、雑詠2句、計4句の作品を提出。 欠席投句の選句をして、句会が始まった。

今回の高得点句から、上位の作品を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
水底に日溜りありて春の船 佐藤久 7点
木琴の音符転がる春疾風 景山田歌思 7点
喪に急ぐ傘の重かり名残雪  川野ちくさ 5点
春光の絶叫マシン反転す 石渡えみ 5点
あれそれで通じる会話春障子  尾澤慧璃 5点
教室に残る落書春の雪 轟木加津美 5点
駅地下の謎の扉や木の芽時 久保朔反 4点
以下略

私の参加作品を少し紹介。
人波の長い髪春の無邪気
穴あいている新聞の幻
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。

その後、懇親会へ、ビールと熱燗をいただいて、戻って来た。

アートトラスト句会へ行く [短詩関係]

昨日(2月22日)は、東京へ。

私用のあと、夕方からは、赤坂へ。
アートトラスト句会へ参加。句会を行なった。(兼題・とり1句/雑詠2句/計3句)
6名参加。参加した全員の作品を紹介します。 掲載順(敬称略)
唇の集まつて来る春苺 倉田有希 6点
街灯の紅梅モノトーン 野谷真治 5点
鳥雲り子供の居ない子供部屋 岡野晃子 3点
とりあえず二ン月は冷蔵庫 市原虎児 3点
名人戦半目勝負寒椿 島隆史 1点
白米炊く二ん月の掌は細し 指田和子 1点
以下略 (上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)

上記以外の私の参加作品を紹介します。
再会の鳥居をくぐる冬の星
友と手袋の涙しゃぼん玉
ご感想等、ありましたら、教えて下さい。

その後、懇親会にも参加。ビールをいただいて帰って来た。

一行詩研究会へ行く/大磯ねこ・ネコ展開催予定/購入した本 [短詩関係]

昨日(2月2日)は、大磯ねこ・ネコ展の案内葉書を、各所へ発送しました。
下記で、開催予定です。
第6回大磯ねこ・ネコ展(弊社参加予定)
2017.2.17(金)-2.25(土)11:00-17:00(最終日16:00まで)/2.22(水)休廊
ギャラリーぶたのしっぽTEL:0463-61-0516
神奈川県中郡大磯町大磯1292

その後、外出し、夕方から、一行詩研究会へ参加。
編集者、カメラマンダンサー、フリーライター、元新聞記者らが毎月集まり、作品をその場で作って、あれこれ言い合っている句会です。
私の作品を下記、少し紹介します。(兼題/梅/気まぐれ/冬木立)
梅咲き始めた病室のおばさん
おでん屋身をまかせ気まぐれ夜風
冬木立朽ちている公衆電話
ご感想等、ありましたら、お聞かせ下さい。

途中の書店、古本屋にて、購入した本
「spectator Vol.38赤塚不二夫」(エディトリアル・デパートメント)知り合いの漫画家川勝徳重さんの構成作画「絵物語 赤塚藤雄のころ」が掲載されています。
美術手帖1971年2月号附録 劇画」(美術出版社)

K's句会へ行く/購入した雑誌 [短詩関係]

昨日(2月1日)は、私用のあと、東京へ。

銀座へ。
19:00過ぎより、K's句会(K'sギャラリー)へ参加した。 全員の作品を紹介します。
高得点句(敬称略) 兼題/猫の恋/梅/雑詠
花咲いて紅梅と知る退院日 藤田山頭女 10点
磁石は北のみをさす冬の蠅 市原虎児 6点
ほつほつと溜息こぼれ梅白し 芦田麻衣子 5点
短日の片足過ぎて陰りけり 岡部史郎 5点
唇に初雪深夜の電話 野谷真治 4点
惜しみなく茶屋の湯気受く臥竜梅 杉浦正勝 3点
ポプコンを頬張るしぐさ梅真白 佐藤久 1点
人知れず一輪挿しに梅の花 高津葆 1点
子泣き細り親熊里へ歩き出す  赤澤吾亦紅 1点
以下略 (上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)

句会のあと、ビールをいただいて帰って来た。
K'sギャラリー
http://ks-g.main.jp/

上記以外の私の参加作品を下記紹介します。
猫の恋声に振り向く無一文
父の写真添える咲いた梅
ご感想等、ありましたら、教えて下さい。

途中の書店で、購入した雑誌
「東京人3月号 特集 これはパロディではない」(都市出版)

蛮新年俳句大会へ行く [短詩関係]

昨日(1月28日)、横浜へ。
蛮新年俳句大会(蛮の会)へ参加した。
事前の募集による、新年俳句大会の表彰を最初に行なった。
第一位 初春や半音高き下駄の音 川野ちくさ 10点特選1
第二位 狛犬の阿にも吽にも銀杏降る 安本純 10点
第三位 桃啜る身のすみずみに櫂の音 島彩可 8点特選2
以下略

その後、当日の句会へ。16名参加。欠席投句を選句し、4句の作品を提出。
当日の句会の高得点句を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
行くあてのなくても被る冬帽子 尾澤慧璃 9点
凍星や保線区員の投光器 大沼秋獅子 8点
白波を切り裂くフェリー春遠し 石渡えみ 6点
風花のケルンに石を重ねけり 鹿又英一 6点
木がらしや顔の見えない会社員 磯かおる 6点
湧水の残れる社日脚伸ぶ 佐藤久 5点
以下略

私の参加作品を少し紹介します。
唇に初雪手招きする影
正月の地下鉄ずんずんもぐる
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。

句会のあとの新年会に参加して、帰って来た。
ビール紹興酒をいただいた。

アートトラスト句会へ行く 他 [短詩関係]

昨日(1月25日)は、最初、1コマ漫画誌「EYEMASK」54号分の原稿依頼をまとめ、各所へ発送しました。その後、東京へ。

私用のあと、夕方からは、赤坂へ。
アートトラスト句会へ参加。句会を行なった。(兼題・冬ぬくし1句/雑詠2句/計3句)
5名参加。参加した全員の作品を紹介します。 掲載順(敬称略)
冬ぬくしココアの渦は左巻き 指田和子 5点
一葉の二千円札セルリ噛む  岡野晃子 4点
新年の灯ふくらむ掌  野谷真治 3点
雑炊を冷凍保存して眠る  島隆史 3点
冬ぬくし不時着というオスプレイ 市原虎児 2点
以下略 (上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)

上記以外の私の参加作品を紹介します。
冬ぬくしころころ戻る毛糸猫
正月忘れがたい深夜の電話番号
ご感想等、ありましたら、教えて下さい。

その後、新年会にも参加。ビール日本酒をいただいて帰って来た。

K's句会へ行く/購入した本 [短詩関係]

昨日(12月14日)は、私用のあと、東京へ。

銀座へ。
19:00過ぎより、K's句会(K'sギャラリー)へ参加した。 全員の作品を紹介します。
高得点句(敬称略) 兼題/隙間風/日記買う/雑詠
隙間風すぐ寝つきたる生家かな 赤澤吾亦紅 5点
すきま風厳しい嘘の通り道 岡部史郎 4点
広辞苑かかえる湯豆腐三昧 野谷真治 4点
ジーパンの膝抜けている隙間風  佐藤久 3点
三日坊主三年綴る日記買う 杉浦正勝 3点
言ノ葉をふわふわ束ね枯尾花 芦田麻衣子 3点
歌詞飛んで慰めにある隙間風 藤田山頭女 2点
今年こそ海外旅行日記買ふ 高津葆 2点
起き抜けの顔なでられる隙間風 市原虎児 1点
以下略 (上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)

句会のあと、ビールとハイボールをいただいて帰って来た。
K'sギャラリー
http://ks-g.main.jp/

上記以外の私の参加作品を下記紹介します。
灯のふたりオムライスの隙間風
工事中道を回って日記買う
ご感想等、ありましたら、教えて下さい。

途中の書店で、購入した本
「僕らが愛した手塚治虫2」二階堂黎人著(小学館文庫)
「このマンガがすごい!2017」(宝島社)
「キッチュ」第7号(ワイズ出版)"ガロのまんが道"元副編集長白取千夏雄編が掲載されている。

「熱刀句乱舞」(句会)へ行く [短詩関係]

昨日(11月19日)は、午後、横浜へ。

13:00から、「蛮の会」が開催している「熱刀句乱舞」(句会)へ参加した。
14名参加。テーマは、「帰る」、そのテーマが2句、雑詠2句、計4句の作品を提出。 欠席投句の選句をして、句会が始まった。

今回の高得点句から、上位の作品を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
帰り来し子に冬空のにおいかな 尾澤慧璃 10点
山茶花や女同士といふ疲れ 石井俊子 8点
終電のプルタブの音師走来る 景山田歌思 7点
ゆふぐれの曙町の冬の虫 鹿又英一 4点
口切や畳目数え胡坐かく 金子嵩 3点
あの頃の口紅の色帰り花 川野ちくさ 3点
故郷の柿の木のぼる子はおらず 磯かおる 3点
雨上がる秋明菊のほとりより 佐藤久 3点
万華鏡を組み立ててゐる神無月 久保朔反 3点
以下略

私の参加作品を紹介。
罫線の崩れゆく夜の枯葉
冬の浜こぼれる父の法要
深夜帰り道回る秋桜
夜汽車ネクタイ帰省少年
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。

その後、懇親会へ、日本酒をいただいて、戻って来た。

アートトラスト句会の吟行へ行く [短詩関係]

昨日(11月3日)は、千葉県流山へ。

アートトラスト句会の吟行へ参加した。
14:00に、新松戸駅にて、私を含め、7名が合流。
近くの幸谷駅から、流山鉄道に乗り、平和台駅で下車して、吟行スタート。
赤城神社、一茶句碑、光明院、一茶双樹記念館(私は、一茶の句が出ている、一筆箋を購入)、万華鏡ギャラリー寺山園茶舗、近藤勇陣屋跡を回った。途中、一茶双樹記念館にて、お茶をいただいたりして、予定していたすべてを回れなかったが、その後、流山駅から、流山鉄道に乗り、幸谷駅へ戻った。

新松戸駅近くのキアンキャバブという店に入り、3句作成提出、吟行の句会を始めた。
7名参加。参加した全員の作品を紹介します。 掲載順(敬称略)
剛刀は曲らず折れる枯木立 宗近馬骨 4点
消しゴムで消す日本語冬に入る  市原虎児 4点
文化の日水溜りから秋生まれる  山本紀生 4点
無患子の黒玉すでに見失う 島隆史 3点
万華鏡手作りキット冬支度 野谷真治 3点
幕末も平成も秋風は香る 指田和子 2点
天高し大しめ縄の鳥居かな 岡野晃子 2点
以下略 (上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)

上記以外の私の参加作品を紹介します。
秋日和きざまれた文字はがきの木
石段の七名赤城神社一茶句碑
ご感想等、ありましたら、教えて下さい。

その後、キアンキャバブにて、食事会。ビールワインをいただいて帰って来た。

アートトラスト句会へ行く/「EYEMASK」53号制作へ/「これが好きなのよ 長新太マンガ集」購入 [短詩関係]

昨日(10月26日)は、最初、制作へ、「EYEMASK」53号の作品原稿を渡し、打合せしました。

その後、東京へ。
私用のあと、夕方から、赤坂へ。
アートトラスト句会へ参加。句会を行なった。(兼題・自転車1句/雑詠2句/計3句)
7名参加。参加した全員の作品を紹介します。 掲載順(敬称略)
駅までに忘れる名前神の留守 山本紀生 5点
雨上りの自転車虹をつかむ 野谷真治 4点
ペダル漕ぐはやさで群れて来る小鳥 市原虎児 3点
鈴虫や地方訛りの酒を酌む 島隆史 3点
かなかなやこんなところに落とし穴 岡野晃子 2点
柚子割の焼酎をすえ小津映画 宗近馬骨 2点
曼珠沙華彩(いろ)ひいて行くペダルかな 指田和子 1点
以下略 (上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)

上記以外の私の参加作品を紹介します。
挨拶する街路樹の妖精
四六時中二人で吊す干柿
ご感想等、ありましたら、教えて下さい。

その後、食事会にも参加。ビール日本酒をいただいて帰って来た。

購入した本
「これが好きなのよ 長新太マンガ集」長新太著(亜紀書房)
前の10件 | - 短詩関係 ブログトップ
メッセージを送る