So-net無料ブログ作成
検索選択

蛮納涼俳句大会へ行く [短詩関係]

昨日(7月29日)、横浜へ。
蛮納涼俳句大会(蛮の会)へ参加した。
今回、アートトラスト句会の指田さんが参加された。

事前の募集による、納涼俳句大会の表彰を最初に行なった。
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
第一位 横綱の名をつけて飼ふ兜虫 清島遠石 10点(内特選1)
第一位ひらがなの夢を見てゐる三尺寝 鹿又英一 10点(内特選1)
第二位 侘しさを一朶となせる投網かな 浜谷徹 7点(内特選2)
第三位 いくたびも打ち水をして母を待つ 安田祥子 7点
第三位 アロハシャツ昔語りの力瘤 金子嵩 7点
以下略

その後、当日の句会へ。16名参加。欠席投句の選句と、作品3句を提出。
当日の句会の高得点句を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
故郷の違う二人の心太 尾澤慧璃 13点
ベテランの顔した子供盆踊 山村沙世子 11点
新宿の宵にさまよう赤トンボ 高越研次 7点
そこそこの暮したわわなミニトマト 川野ちくさ 6点
トマト一つ載せられてゐる走り書 石井俊子 5点
架けられたままのワイシャツ雲の峰 久保朔反 5点
以下略

私の参加作品を少し紹介します。
尻尾の骨引き出す熱帯夜
川とともに螢の文字がほどけゆく
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。

句会のあとの暑気払いと、2次会カラオケに参加して、帰って来た。
ビール紹興酒などいただいた。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る