So-net無料ブログ作成
検索選択

熱刀句乱舞(句会)へ行く [短詩関係]

今日(4月8日)は、午後、横浜へ。

13:00から、「蛮の会」が開催している「熱刀句乱舞」(句会)へ参加した。
8名参加。テーマは、「縮む」、そのテーマが2句、兼題「鼻」「豆」各1句、雑詠2句、計6句の作品を提出。 欠席投句の選句をして、句会が始まった。

今回の高得点句から、上位の作品を紹介します(掲載順 敬称略)
(上位の作品で同じ作者の場合は、高点句を紹介)
シーソーの上がれば届く桜かな 石渡えみ 11点
豆腐屋の角を曲がれば花月夜 鹿又英一 5点
亡き人の文かも知れぬ花吹雪 川野ちくさ 5点
入学の止め糸のあるスーツかな  轟木加津美 4点
初孫を抱いて爺様初桜 山村沙世子 3点
以下略

私の参加作品を少し紹介。
作品の感想等ありましたら、お聞かせ下さい。
身が縮む春ひらがな開く
胡座と欠伸鼻の下の春
咳の間の聴こえぬうちに鳥交る
その後、懇親会へ、ビールとハイボールと熱燗をいただいて、戻って来た。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る